新しいお薬の巻

犬用の抗生剤

その後、大左エ門の低温やけどと思われる箇所は、ひどくなる様子はない。
クリームを塗るときに少し体がビクつくので、やっぱり触ると痛いんだろうなと思う。
あまりそういう反応を見せることがない性格なので、おとなしくしているけど、これがふうさんだったらちょっと痛いだけでギャン吠えして怒るよねと思う。

ふうさんだと、そこまで痛くないはずなのにと思うようなことでも天と地がひっくり返るような騒ぎ方なのだ。
そもそも鼻クリームを塗ろうとするだけで、食ってかかっちゃると言わんばかりの顔をして怒るからね~ふう爺さんはっ。

今回、大左エ門に処方されたお薬は、まず塗り薬の「ヘパリンクリーム」、そして飲み薬は抗生剤の「テリオス300mg」の2種類。

テリオスは初めて見るお薬だったので調べてみたら犬用のセフェム系抗菌剤とのこと。
発売は新しくて2020年2月。
約2年前か・・・。
どーりで見たことないわ。
75mgと300mgがあり75mgは豚レバー風味、300mgはビスケット&酵母風味だそうな。
(さすが犬用!)
ん?なに?ってことは、もしかしてーチーズなんかに包まなくってもそのまんま食べてくれるってことか?

最初は他のお薬と同じように赤ちゃん用チーズに包んで食べさせてみたけど、どれどれ、とお薬を匂ってみると確かに甘いビスケットみたいな匂いがする。

大きな錠剤だなーと思っていたけど、そゆコトなのか。

向かって右からテリオス、ガバペンチン、イーケプラ

テリオスは1回半錠の1日2回、8日間服用することになっている。
お薬の説明書によると1回あたり15mg/1kgの服用となっているので、体重約10kgの大左エ門は確かに半錠ということになるね。
が、説明書では1日2回「7日間」投与するとなっていた。
まぁ1日ぐらいプラスアルファでも良いか。

肝心なのは2回の投与間隔は最低10時間とすると書いてあった。
先生からはそういう説明はなかったので、調べてみるもんだねぇと思った。
お薬では時々、そう思うことがある。

やけどの傷は服を着せてカバーしております

食後にテリオスをそのまんまで差し出すとパクリと食べました。
な~んだ、先生、最初に教えてくれたら良かったのにー。

ほかのお薬も犬用にパクリと食べられるやつこれからできるのかなぁ。
できるといいなぁ。

今日も食欲もりもりふうさん

ありがたいことに今のところこのお爺さんは薬とは無縁です。
サプリはいっぱい飲んでるけどね~。

フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

大左エ門

Posted by 摩耶