アミノペプチドフォーミュラー

昨年、原因不明のカイカイのおかげで、食物アレルギーじゃないかと獣医さんに疑われて試してみることになったロイヤルカナンのアミノペプチドフォーミュラー。

アミノペプチドフォーミュラー

原材料
コーンスターチ、加水分解フェザーミール(アミノ酸およびオリゴペプチド)、ココナッツオイル、大豆油、植物性繊維、チコリー、フラクトオリゴ糖、魚油、動物性油脂、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、タウリン、L-トリプトファン、DL-メチオニン、ヒスチジン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

アミノペプチドフォーミュラー
なんだかサプリメントで栄養補給しているだけな感じのフードですよね。
ロイヤルカナンで気になるのは酸化防止剤のBHA。
犬には関係がないという説もあったり、脂が酸化するよりは使ったほうが良いという説もあったり、人間の食べ物にも全く使われていないわけではないので、絶対ダメということはモチロンありませんが、やっぱり気になります。

植物性繊維が入っていますが、みごとにウンチカチカチの便秘にうちの子はなりました。
なのでゆでキャベツだけ加えてもいいですよと獣医さんに言われて加えましたが、あまりよくならず、さらに乳酸菌サプリも加えて少しマシになった感じでした。

そして、このフードを食べた結果よくなったかというと、ほとんど変化はありませんでしたね。
それよりもなんだか筋肉が落ちた感じがしました。
10歳を過ぎていたので、筋肉の落ちる年齢なのかもしれませんけどね。

皮膚がすごくおかしなことになっているわけでもなく、うっすら赤みがあるなぁ~という程度。
痒み

昨年は目の周りも赤くなりました。
赤み

一応IgE検査とリンパ球反応検査もしたのですが、数値上は全部陰性でした。
ただリンパ球反応検査でいくつかの食べ物が陰性ギリギリ。あと0.1数値が上がったら要注意となるものもありました。
もっとも要注意や陽性となってもアレルギーが出るとは限らないというし食物アレルギーって難しいですよね。
あまり気にしてもなぁと思いながらもやっぱり数値が高めな食物は控えるようにしています。

ただ今年は、目の周りが赤くなることもなく痒みもひどくはないので、ステロイドはもちろん全く使わず、夏場に何度かアポキルを飲ませるだけで済んでいます。
そういえば獣医さんが、同じように皮膚がすごく赤いわけでもないのに痒がる子がビオフェルミンを飲ませるようになったら痒がらなくなった子がいたよ!と教えてくれました。

でもうちもビオフェルミン飲ませているんですけどねぇ・・・。
本当に犬の皮膚病って難しいですね。