エリザベスカラー

今年の正月が明けてから10歳児の調子が悪く、夏には寝たきり状態になってしまいました。
その際に左を下にして寝ていて、左目もいつも下に押し付けたように寝ていたせいか気が付くと少し目が白っぽくなっていました。
白内障でもなさそうな感じで、白目の部分は充血しているし目やにが出始めて、1週間あっというまに角膜潰瘍がひどくなって眼球に凹みができてきました。

病院での診察待ち。
大左エ門
こうして左目に自分の腕の毛が当たるだけで悪化するそうです。
なので、エリザベスカラーを装着するように獣医さんに言われました。

大左エ門
病院で出してもらった簡易のエリザベスカラーです。
小型犬用らしく首まわりの大きさが小さくて自分で少々切って調整しました。
簡易のものなので、止めるのもガムテープという見栄えの悪さ!!

大左エ門
幸い寝たきりだったのでこの簡易エリカラも壊れることなく使用できました。

大左エ門
今は、またヨタヨタしながら歩くことができるようになり98%ぐらい角膜も良くなったのでエリカラは外しています。
逆に歩けるようになったことでエリカラが壁にぶつかったりして邪魔になってきました。
もっと目の保護に良いエリカラがあればいいのに~と思っていたら、今頃になって見つけました!

オプティバイザーというのだそうです。



これはフレブルみたいな鼻ぺちゃ犬用。
鼻が長い犬種用などもあるようなので
サイズで色やお値段が違うようです。

角膜潰瘍は一度なると再発する子も多いようなので、万が一のときは買おうと思います。