アロマにハーブにの巻

ふう爺さんの咳、どうやらお薬はセレニア24を1錠半というのが、まぁまぁ咳を減らしてくれるお薬の量なのではないかという印象になってきた。
ただ咳に対しての処方が2日に1度なんだけど、薬がよく効いているのは1日半ぐらいかなという印象。
最後の半日は、ちょっとクフクフと小さな咳が増える感じがある。
それでも寝れればヨシと思っているけれど、寝ているときにクフクフしているということは、しっかりとは寝れてないよねぇ。

米ぬかカイロで温活継続している。
ケッコー私が使っている割合も多くて(笑)、日に何度もカイロをレンチンしているのだ。

昨日は、アロマオイルOKの卓上加湿器が、そーいえば眠っていたなぁと引っ張り出してきて久しぶりに使ってみた。
普段アロマキャンドルでアロマを焚くのだけど、留守番中は危険なので使えない。
で、加湿器タイプのを引っ張り出してきたわけ。

昨日は昼頃からふう爺さんのクフクフした咳が増えて止まらなかったので、この卓上加湿器にラベンダーオイルを入れて加湿してみた。

すると、たまたまなのかもしれないけど、ふう爺さんのクフクフが止まったので、アロマのおかげなら嬉しいのだけどと思っている。

試しに夜、寝るときにも弱~く加湿をかけて寝たら、夜中の3時過ぎ頃からふう爺さん、ヒーヒーと咳をし始めた。
気管支が狭~いと言う感じ呼吸でもあり、咳はいつもより辛そうな大きな咳をしていて、一番酷かった頃の感じの咳にも似ていた。

そのうちトイレでオシッコをしたので、おやつを少し多めに食べさせた。
その後、おとやんの布団の中に入ってしばらく咳をしていたけど、しばらくして落ち着いて軽いイビキをかきながらも眠りに落ちた様子。

30~40分ぐらいヒーヒー言って咳をしていたと思う。
これはやはリラックス効果による副交感神経の活発化で気道が狭くなったのか?
ラベンダーでそれが促進されたのか?
だとすると夜にはアロマは使えないなぁ・・・。

食事のほうは、ドライハーブのネトル、ヤローを継続中。
加えて以前、使っていた時に調子が良いと感じていたアニマルズアパスキャリーさんのハーブチンキ「シニアブレンド」もまた使い始めた。

西洋医学のお薬では、症状を抑えるということはできても、いろいろな機能の落ちるシニアの身体を少しでも維持しようと思うとお薬では無理と思っているので、鍼灸漢方獣医のマチコ先生にもアドバイスを貰いながらアロマやハーブをあれこれと試している。

そういえば、夜中にトイレに行ったふう爺さん、やけに後ろ足がふらついて歩いていた。
今朝も起きがけに庭に出したのだけど、ふらついた感じで立っていられなくて座ってしまった。
特に右足に力が入っていなかったよーな。

ただ、そのあと部屋に戻るとふらついてるように見えるのに、キッチンの椅子に上がっていった。
とりあえず今朝はステロイド1錠、5日ぶりに飲ませた。
(このところ3日に1度まで減薬していて、ボチボチやめようかなと思っていたところだった)

マチコ先生のところが近かったらふう爺さんも鍼をしてみたかったな~と思う飼い主。
しか~し、ふう爺さんの性格からして無理か・・・。

フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

ふう

Posted by 摩耶