裏目に出るの巻

昨日の午後あたりからふう爺さんも少しづつ落ち着き始めて、昨夜は咳は出るものの夜中にバタバタ苦しくて動くということも少なく、まぁまぁ寝れた(飼い主が)。

そして今日のお留守番は、わりと咳も少な目で落ち着いて寝れているかな・・・といったところでしょうか。

今週は、昨日、一昨日と連続して病院へ。

昨年から漢方やらハーブ、アロマ、もちろん通常の病院のお薬も少しでもふうさんの咳がラクになるものがないかと、かかりつけの先生やら大学病院の先生やら漢方鍼灸の獣医さんやらの意見を聞きながら、はたまた個人的に調べたことやらと、いろんなことを試しているのだけど、イマイチぱしっ!とふうさんに合いそうなものがみつからず、だましだましやってきている感じです。

2023年1月16日(月)の朝

時には「裏目に出てない?」と思うことも度々あります。
八方ふさがりだなぁ~とここ数か月ずっと感じながらもまだ手探りを続けています。

16歳の数か月なんて、どんどん老化が進むので焦りもありますが、幸い食欲だけは落ちることなく、いやむしろ食欲マシマシ?じゃないかという気さえします。
体重は半年前にくらべて1kg弱落としているので、少々食べさせても問題はないのですが、油断しているとあれれ?という間に体重が増えるし、かといって気を付けすぎてこれ以上、減ると今度はすぐに筋肉が落ちて背骨が浮き出てきそうなので、ここのあたりの調節も難しいところです。

咳でお疲れの顔のふう爺さん

それでも昨日も病院でスタッフの人と話をしていて「この子、14で去勢してるんですよね~」と言ったら「え?今、何歳ですか?」と聞かれ「16歳ですよ」と言ったら相当、ビックリはされたのですけどね。
そのくらい年齢を考えたら十分な元気さということなのでしょうか。

第三者から見た感じと飼い主の心労には差異があるということで・・・。
嬉しくも思い、いやいや見た目ほど元気なわけじゃないんです・・・とも思い、複雑。

それでもその日の状態が落ち着いていると、こちらの心労も和らぎます。
なので心の中は日替わりで変わっているこの頃です。

フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

雑談

Posted by 摩耶