投薬の方向性の巻

大左エ門くん、水曜日に病院へ行ってきました。
大左エ門

大左エ門
大左エ門
最近、病院ばっかりでつよ!ぶーぶー。

イーケプラにしてから比較的安定した体調なので、このままお薬はイーケプラを続けることになりました。
先生としてはフェノバールを使うことも選択肢として強く持っておられるのですが、今のところ調子が安定しているものを変更するのも悩ましいところなので、先生も私も「とりあえずやってみよう」という感じです。

長期使用で耐性ができるという報告もどの程度の割合で耐性ができるのか100%耐性ができてしまうのか、日本ではまだイーケプラがファーストラインのお薬として使われている実績がないだけに先生もわからないことが多くて迷われたと思うのですが、いいお薬だという認識は持っておられる様子。

これで大左エ門がイーケプラをファーストラインで使った場合の1例になれば、それはそれでデータのひとつとして先生の引き出しにもなるでしょうし、飼い主としては今のお薬で安定しているので、むやみに変えたくないので、これでいいと納得しています。
フェノバールは一度始めると簡単にやめられないお薬ということなので、ゾニサミドの時みたいに、不都合が起きてもじゃぁイーケプラに変更しましょうってならないんだそうです。

こういうところ色々と話し合える先生で良かったなと思います。
というか、こちらもある程度、病気に対しての情報を持たないと話し合いもできませんが、なんでもかんでも獣医さんの言うことだけをハイハイと聞いていては、どこかで納得できなくて先生に不信感を持ってしまうだろうし、あまり説明をしてくれない獣医さんでは話にならないし、ましてや自分の治療方針を強固に押し付ける先生とは私は合わないなーと思っています。

イーケプラは4分の1を朝昼晩投与を基本に、大左エ門の様子やら留守番の長さなど状況に応じて半錠飲ませるのもOKと先生に了解を得ているので、うまくコントロールできるといいなと思っています。
大左エ門

今はまだ直近の発作から1か月たたないので油断は禁物!
どうかこのまま1か月、3か月そして半年、1年と発作が出ませんように!!
そしてイーケプラの効果が続きますように!!

フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

大左エ門,健康

Posted by 摩耶