漢方線香の巻

先日、ネットショップでみつけたこんなお線香。

なんでも普通の線香の5~10倍の漢方成分が配合されてるんだって。
花粉症用。
なんとなく、ふう爺さん、アレルギーっぽいところもあるなと思っているので、大左エ門に供える毎日の線香にどうかな?と思って買ってみた。

心を鎮める効果があるといわれる サンダルウッドオイル(白檀)と、 漢方薬の芍薬・乾姜などが配合されているらしい。
白檀の香が天然かどうかはわからないけど。

このお線香、短くて煙もあまり出ない、香もそんなに匂うわけでもないので、ふうさんに気兼ねなく大左エ門にお線香を供えられそうね。

大左エ門が亡くなった時、人が亡くなった時のごとくお線香を絶え間なくもくもくと焚いていたらヤケにふう爺さんの咳が増えたので、こりゃこりゃあんまりお線香を焚けないな~と思っていたのだ。

なので、大左エ門には朝晩1本づつはお線香を供えているけど、それ以上は控えている。

昨日のお散歩後、いつもより外で立っている時間が長かったせいか、お疲れのご様子。
そして寝るときは、誰かにくっついて寝ていたいふう爺さん。
特に寝付くまでは、くっついていたいらしい。
なので、しばし動けず。

よく寝ているので、ようやく私も動いて家事をする。
咳もなくよく寝ているふう爺さんの顔を見る時が一番の幸せ。

フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

ふう

Posted by 摩耶