二度痙攣の巻

ふう,体調病院,発作

日曜日の早朝。
4時半ごろ、ふうさんのおパンツを交換して少し口の中に水を含ませて口の中を拭いてやる。
しばらくするとなんだか様子がおかしい。
手足がガタガタ震えている感じ。
やがて、その震えが大きくなった。

「痙攣か・・・」

しばし様子を見る。
途中でそういえばと時計を確認。
あれ?どのくらい前から始まったんだっけ?

まったく大左エ門の時に幾度となく経験してきた痙攣なのに頭がすぐには反応できなかった。

ふうさんの痙攣は、大左エ門の時のような全般発作ではない。
意識もあるし、泡をふいたり失禁したりもない。
ただ全身がガタガタと震える。
体が動かないから大左エ門のように手足をばたつかせることができないのか?
それはわからない、ただ夢の中で走っているときのような動きのもっとキツイやつというかなんというか。

いったん痙攣がおさまったあと30分ぐらいしてから再び小さく体が震えているなと思ってみていたら、そのうち大きく震え始めた。
30分のうちに2度の痙攣か・・・。

2度目も意識はある。
1度目と同じような痙攣。
途中、少し頭をのけぞるような恰好をした。

そのあとは、落ち着いたのか力が抜けて寝てしまった。

あさイチ、病院に連れて行く。
薬が飲めるかどうかはわからないけどレベチラセタムを出してもらった。
痙攣が止まらないとき様にゾニサミドも出してもらった。
ゾニサミドは飲むのではなく50度ぐらいのお湯に溶かして直腸注入する用である。

抗てんかん薬で座薬もあるけれど(ジアゼパム)、かつてコレが効いたという話を私は聞いたことがないので、先生にそう言うと先生も笑っていた。
あれは効果が出るまでに30分ぐらいかかるらしいから、本当に薬の効果で痙攣が止まったのかどうかわからないんだよねって・・・・。

でもよくよそ様のブログなどを拝見していると発作時用に座薬を処方されている子が多いなと思う。
で、効いたという話を聞いたことがないんだよね💦

2024年4月21日(日)の夜のふうさん

てんかんに詳しい獣医さんは、今起こっている発作を止めるには、座薬よりミタゾラムの点鼻薬が良いとおっしゃっている。
(処方する際の問題点はあるらしいが・・・)

ふうさんよ、できたら頑張ってレベチラセタムを飲もうじゃないか!
といわけで病院から帰って昼前に起きたので、ごはんの前にレベチラセタムをなんとか飲ませることができた。
ごはんも食べた。

夕方もごはんの前にレベチラセタムを投与。
ガリっと噛んで、下に落としていたのをもう一度口に入れて飲ませた。
下に落ちていた時点で表面のコーティングがなくなっていたので、再度口に入れてみたもののもしかしたらそのまま口の中で溶けてしまったかもしれない。
そんなんで効果があるかどうかは、わからない。

夕方もご飯は完食。
イソバイドも飲ませておいた。
(ふうさんの場合、液体も口から出てしまうことが多々あるので、どれほど飲めているかはわからない)

ふうさんは2年ほど前に最初の痙攣があった。
あれからだな、咳がひどくなったり白内障が進んだりあまり歩かなくなったり、と色々なことが下降線をたどり始めた。
あれよあれよという間に落ちた。

今回30分間のうちに2度も痙攣したのが、なんとも不安なところではある。
これ以上ないといいのだけど・・・。
夜になって呼吸がまた「ふーふー」と息の漏れる音が聞こえるほどになっているのが気になる。

苦しそうということはないのだけど、やっぱり普通ではないように感じるのだ。
最後に痙攣時の動画を載せておきますので、見たくない方はスルーしてください。

フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

ふう,体調病院,発作

Posted by 摩耶