鎮静作用の巻

ここ二日ほど先日処方してもらった「眠りやすくするお薬」というブトルファノール液を飲ませた。

実によく効くというか検査のときなんか、全身麻酔じゃなくてコレでよくない?と思うほど動かない。
しかも一日目より二日目はもっと効いている感じがして、鎮静効果も長く続いたような気がする。
このまま使い続けたら廃人ならぬ廃犬になりそうな怖ささえ感じた。

昨日の明け方4時半ごろには咳で目覚めて、トイレに行こうとしたらしいのだけど、間に合わず寝室の敷居近くで漏らしてしまったし、5時半過ぎに起きた時には、まだなんだかふらついているようにも見えた。
お留守番時は1時間か1時間半は寝ているもののあとは、咳が出るせいなのか落ち着かず、バタバタと動き回ってみたり途中で立ち尽くしてみたり・・・。
お留守番カメラをチェックすると心配になってしまうのだった。

しかも昨日、おとといと昼間に室内トイレでウンチをしていた。
朝もごはんのあとに庭で排泄をしているのに、またお昼ごろにするなんて今までなかった。
そのウンチが軟便~下痢少々ときたもんだ。
帰宅してから片付けが大変。
昨日なんてタイルカーペットの上に少しだけど下痢をしていた。

なんとなく元気のなさそうな顔をしているし、昨夜はオヤツを食べるときも口があまり開かない。
いつもならパクっといくのに全然、パクついてこない。
昼間はパクパク食べていたのだけど・・・。
夕食は、いつもどおりしっかり完食はしたのだけど、その後のオヤツは気が進まずといった感じだったので、
おかげで夜の投薬も投薬用のメディボールに包んで口の中に押し込んでも出してしまうという・・・。
赤ちゃん用チーズに包みなおして口に入れると食べてくれたのだけど、なんだか様子がいつもと違う気がしてならない。

両目も充血している。

そんなわけで三日目は、ブトルファノール液を飲ませるのはやめた。
1時間に2~3度は咳で起きてしまうけど・・・。
それはそれで可哀そうなんだけど。

ほかにも色々薬を飲んでいるし病院では注射もされているし、なんだか薬で身体が痛んできているような印象なのだ。

2022年11月4日(金)の午後んぽ

それでも昨日はカートに乗って午後んぽに出かけてみた。
以前は、イケイケ箱乗りだったふうさんも最近は立っていることもなければ座ってさえいない。
伏せているのだ。

姿勢や動きが大左エ門みたいになってきた。

夕方、ご飯の用意をしていると睡魔に襲われたふう爺さん。

ついこの間までは、流しの近くでじ~っと私が食事を作っているのを見ていたのだけど・・・。
なんだか妙に疲れている感じ。

鎮静剤で夜、身じろぎもせず寝ているように見えるのだけど、実は身体も脳も寝ていないんじゃないか?と思ってしまう。

私が全身麻酔で手術をしたとき、結構時間がかかった手術だったのだけど、麻酔から目を覚ましたもののなんだかすごく疲れた感覚があって、まるで二日ぐらい徹夜したようなすごく眠くなった経験がある。
あのときの感じに似てるんじゃないかという気がする。

何よりこの頃のふう爺さんは、精彩のない顔つきなのが気になる。
早く咳が止まりますように。

フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

ふう,体調

Posted by 摩耶