ネブライザーの巻

昨年の12月ごろからネブライザーができないものかと考えていた。
病院で最初に相談したところ病院でやってみるということになったのだが、ふう爺さんの性格からして扉をしめたとたん興奮して呼吸がハァハァになるという、あらまやっぱりね、な状況だった。

この時は、急遽やってみるということでふう爺さんが入れるようなお部屋が酸素室しかなく、とりあえずネブライザーのホースをつないで先生が工夫して試してみてもらったのだが、ネブライザーのホースの状態が悪かったのか薬剤が酸素室に充満しなかったというアクシデントもありで、なんぞかんぞうまくいかなかった。

とはいえ一番は、ふう爺さんが大人しく酸素室でじっとしていないという問題があり、なかなか病院でのネブライザーも難しいのかなという印象だった。

そこで年末に家庭用の超音波メッシュ式の携帯用ネブライザーを購入。
マスクタイプなのでふう爺さんが寝ているタイミングを見計らい、大人しく吸えるかどうか生理食塩水でテスト。

メッシュ式のネブライザーは傾けても噴霧してくれるし、超音波式なので音も静かというか「音してます?」というレベル。

とはいえ途中でやっぱり目が開くと嫌がるので、うまく連続してできても10分ぐらいかなぁ。
それでも出来なくはないなーと思った。

ただ生理食塩水だけだったからなのか、ネブライザーしたあとのほうが、なんだか咳が酷くなってないか?という印象もうすうす持っていたので病院で相談するのもしばらく躊躇していた。

それでも年末年始以降、だんだんとまた咳が多くなってきた感じがあったので、この間の日曜に病院に行ったときに先生に「家でやってみるのはダメですか」と相談したところ家庭用ネブライザー向けに薬剤(ステロイドと抗菌剤)を調合してくださった。
(薬剤を入れられる量が少ないので・・・。)

10mlを調合してもらったのだけど、とりあえず半分の量をネブライザーに入れてやってみる。
さすがに起きているときに近づけると避けようとして頭を右に左に動かすので無理。
そのうち寝始めたので、マスクを近づける。
時々、目が開くので、その時はいったんネブライザーを止める。
そしてまた寝始めた時にマスクを近づける。
そんなこんなの繰り返しで30分ぐらいかかって5mlの薬剤を噴霧した。

そしたらそのあとから咳が酷い・・・(涙)
まぁ数日前から咳が増えていて、呼吸もハァハァになることがあって調子が悪かったので、一概にネブライザーの影響だったのかどうかは判断しにくいところだったけど、生理食塩水だけでテストしたときにも逆に少し咳が酷くなったという感覚はあったので、やはり裏目に出たか!?と・・・ホントうまくいかないから凹む。

その夜は、一晩中寝れずガーガー、ウォッウォッと大きな咳をしながら布団を出たり入ったりバタバタとしていた。

久しぶりにかなりひどい夜だった。
大学病院に検査にいった頃と同じくらいに。
月曜の明け方4時頃になってようやく落ち着いて2時間ほど寝たのだけど、朝起きるとまた咳が続いて、午後からだいぶ落ち着いた感じで、それまで数日調子が悪かった状態よりは良くなった印象だった。
そして月曜日、夕方、再び病院に「昨夜はコレコレしかじかの状態でした。今日の午後からはここ数日よりも落ち着いてる感じなんですが・・・」と相談しに行く。

先生もネブライザーの評価がしにくいねぇと言っていたけど薬剤の影響ではないと思うとのこと。
生理食塩水でテストしたときも咳が増えた感じだとなると水滴がやはり入っていって、その影響ではないかと・・・。
ネブライザーをすると病院でもそのあと一時的に咳が出たりくしゃみが出たりするらしいけれど、ふう爺さんの場合は一晩中酷かったので、さて今後ネブライザーをどうするかは悩むところとなったのだった。



フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

ふう動画

Posted by 摩耶